慰謝料請求の流れ

交通事故に合って怪我をした場合には、慰謝料請求を行いますが、その際にはしっかりとした順番があります。慰謝料は事故の怪我によってことなりますので、まずはどのような怪我をしたのかしっかりと決定する事が重要になります。その為、事故にあったら入院や通院をして怪我をしっかりと治療します。この治療が完治しないとどの程度の怪我だったのかわかりませんのでしっかりと治療を行ってください。治療して完治するかこれ以上症状の改善が見込めないようになると、症状固定という事になり、怪我に対する慰謝料を請求する段階になります。

その後は、どちらがどのくらい悪かったなどの話し合いが行われます。これを示談交渉とうのですが、交通事故の場合には、いきなり裁判にはなりません。この示談交渉によって双方が納得する事ができるのであれば裁判にはならずに示談で円満解決になります。こちらが歩行者などで任意保険会社の事故担当者がいないような場合には、個人で示談交渉を行わなければいけないのですが、そういった場合には、市役所で交通事故相談を利用したり、日弁連交通事故相談センターに行って、相手の保険会社の提案が正しいのかをしっかりと確認してもらい参考にするなど、相手のいいようにされない事が重要になります。