交通事故と慰謝料請求

交通事故にあってしまった場合には、事故の加害者と被害者に立場が別れ、加害者から被害者へ慰謝料が支払われます。車と人ではなく、車と車のような、被害者も加害者も被害がでるような場合には、割合によって慰謝料が変わってきます。例えば、AさんとBさんの交通事故で、過失割合という交通事故において、どちらがどれだけ悪いのかという割合が40パーセントと60パーセントだった場合には、車の修理費は60パーセントしか支払われません。

その為、慰謝料を請求したりされたりする場合には、この過失割合がとても重要になります。過失割合は過去に起きた事故の例などを元に算出されるのですが、全く同じ事故と言うのはありませんので、色々と調整が必要になります。この調整によって数十万単位で慰謝料が変わってきてしまいますので、事故の被害者も加害者も必死になって自分の過失割合を下げるようにします。

基本的には自分が入っている任意保険の事故担当者が相手の入っている任意保険の事故担当者との話し合いなのですが、時には自分も参加しなければ行けない部分もありますので注意が必要になります。しかし、事故の慰謝料の事について詳しくしらないと話が分からない部分もあるのですが、素人に全てを覚えさせるのは難しいと思います。そこで、こちらでは、これだけおさえておけば大丈夫だという慰謝料の基本についての情報をご紹介します。今後、いつ事故に巻き込まれるかわかりませんので、ぜひチェックしてください。